施工方法

ヒゲの脱毛にはいくつか種類がありますが、大きく分けるとエステで行うことができるニードル脱毛とフラッシュ脱毛、皮膚科などの医療機関で行うことができるレーザー脱毛の3種類があります。
それぞれの施工方法ですが、まずニードル脱毛はエステで施工することができる脱毛方法です。
少し生えた状態のヒゲを1本ずつピンセットでつかみ、毛穴に針を挿入して電気を流します。この方法は1本単位で毛の処理ができるので、ヒゲを自分好みの形に整えたい人に向いています。
次にレーザー脱毛ですが、これは医師免許を持っていないと施工できない方法なので、エステで行うことはできません。


やり方は、黒い色にだけ反応する光を照射し、その光の熱エネルギーによってメラニン色素にダメージを与える事でヒゲが生えないようにします。
医療行為なので光の出力も強く目的の部位を確実に狙えるため、脱毛効果は高いですが、照射範囲が狭いので何回も繰り返し照射する必要があるのが特徴です。
最後にフラッシュ脱毛ですが、これもエステで施工することができる脱毛方法ですが、レーザー脱毛と原理は同じです。
2つの違いは医療機器を扱うことができないエステでも使用できるようにするため、照射出力が低く設定されていることです。
フラッシュ脱毛はニードル脱毛やレーザー脱毛に比べると痛みが少なく済むのが特徴です。
また、出力が弱い分ニードル脱毛やレーザー脱毛よりも広範囲に照射することが可能です。

コメント

コメントを受け付けておりません。